区間で定常なパラメータを持つ非定常情報源におけるベイズ符号の冗長度について Redundancy of Bayes Coding for Nonstationary Sources with Piecewise Constant Parameters

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,情報源の分布のクラスのみ仮定し,パラメータについては未知である場合のユニバーサル情報源符号化について扱う.その中でもベイズ符号は,ベイズ基準のもとで冗長度を最小にする符号として知られている.近年,非定常な情報源に対するベイズ符号の研究が数多く行われている.その一つに,一定区間では定常なパラメータを持つが,ある時点でパラメータの値が突然変化する情報源に対する研究がある.この情報源は個々の区間をみれば定常とみなすことができるが,パラメータの変化が複数回おこるため,全体としては非定常な情報源として扱われる.従来,この情報源に対し総変化回数が既知のもとで漸近的な平均冗長度の評価が行われている.しかし,厳密な評価については行われておらずユニバーサル性を持つ符号であるかについて正確な議論はされていない.また,より一般化された問題設定として,総変化回数が未知である場合を扱った研究もある.そのもとで有限時点での冗長度の評価が行われているが,漸近的な評価については行われていない.そのため,この情報源におけるベイズ符号の漸近的な性質についてはいまだ知られていない.そこで,本研究では区間で定常なパラメータを持つ非定常情報源に対し,総変化回数が未知のもとで漸近的な平均冗長度についての評価を行う.そのもとで,ある条件を満たすとベイズ符号がユニバーサル性を持つことを示す.

In this paper we treat universal source coding when the parameters of the probabilistic model of source are known. Bayes code is one of the wellknowm universal codes. Bayes code has Bayes optimality in point of minimization of redundancy. Recently, many researches of Bayes code for nohstationary sources are done. Researches for sources with piecewise constant parameters are one of them. Each sections are visible to stationary sources. But these sources have abruptly changing parameters. And they are treated as nonstationary sources. But the Asymptotic character of mean redundancy for this source is not known. In this paper, we evaluate asymptotic mean redundancy of this source with the conditions of change number is not kown. And we show that Bayes code has universality with some condtions.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論

    電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論 104(229), 23-28, 2004-07-22

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003177900
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013083
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7069666
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ