超並列オペレーティングシステムカーネルSCoreにおけるIPC IPC on Massively Parallel Operating System Kernel SCore

この論文をさがす

著者

抄録

超並列OSにおけるプロセス間通信では,仮想記憶管理機構の技法を用いたプロセス間共有メモリによるプロセス間通信の高速化技法を必ずしも使えないことや,プロセスのスケジューリングに注意しないと効率的なプロセス間通信が実現できないなどといった,逐次マシンのOSとは異なる側面を持っている.本稿では,超並列OS上での効率的なプロセス間通信を実現するために、"buddy"と"alternate"というに種類のプロセスグループを提案する.Buddyプロセスグループはパイプライン処理,alternateプロセスグループはプロセス間共有モメリを可能とする.同時に,alternateプロセスグループを用いたスケーラブルな並列デバッガ実行モデルの提案も併せておこなう.

Inter-process communication on a massively parallel operating system have some different aspects from that on a sequential system.For example,the virtual memory management technique for efficient inter-process communication that can be seen in the Mach micro kernel can not be implemented on a distributed memory parallel machine.Process scheduling is also very important to realize efficient inter-process communication.In this paper,we propose 2 kinds of process groups,"buddy"and"alternate"to realize efficient inter-process communication.The buddy process group is suitable for pipeline processing,while the alternate process group enables inter-process shared memory.Also,we propose a scalable parallel debugger execution model based on the alternate process group.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム

    電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム 94(383), 25-32, 1994-12-08

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003180415
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013141
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ