FDTD解析における異方的光速度補正を用いた数値分散補正  [in Japanese] Reducing the Numerical Dispersion in the FDTD Analysis by Modifying Anisotropically the Speed of Light  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

FDTD解析では時空間の離散化により引き起こされる数値分散が問題となる.我々は, 前回の報告において等方格子でしか行われていなかった光速度補正法を非等方格子においても用いることができるように一般化した.しかしながら, 前回報告した補正法は光速度を等方的に補正するものであったため, 非等方格子においては誤差の縮小量が小さかった.本論文では, 非等方格子においても前回に比べてより位相誤差の縮小が可能となる補正法を提案する.また, 本手法を2次元不等間隔格子問題に適用して, その有効性を示した.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. C

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. C 00083(00005), 389-396, 2000-05-25

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  12

Cited by:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003181512
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11412446
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13452827
  • NDL Article ID
    5382615
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-607
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  IR 
Page Top