高周波数分解能 2.4 GHz 帯高速周波数切換えシンセサイザ  [in Japanese] High Frequency Resolutinon 2.4 GHz band Rapid Frequency Change Synthesizer  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

高速周波数ホッピングスペクトル拡散通信(FFH-SS)には, 高速に出力周波数を切り換えることのできる周波数シンセサイザが必要不可欠である.そこで筆者らは, 位相差の差分を利用することにより出力周波数を切り換える新しい方式の高速ホッピング周波数シンセサイザをさきに提案し, 周波数切換時に発生するVCOの出力位相ずれの影響を受けず, ホッピングレートをリファレンス周波数の1/2まで上げられることを示した.しかし, この周波数シンセサイザでは, 出力周波数の分解能を細かくすると, 実現可能なホッピングレートの上限が分解能に反比例して低くなるという欠点があった.本論文では, ホッピングレートを維持しつつ出力周波数分解能を細かくすることが可能なGHz帯の周波数シンセサイザを提案する.本方式で位相比較器の出力の傾きが直線的であることを利用し, 隣接する二つの整数分周比の位相比較器の出力値からその間の非整数分周比に対応する値を補間し, これを位相差としてシンセサイザの出力を収束させる.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers B

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers B 00083(00010), 1394-1402, 2000-10-25

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  5

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003182225
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11325909
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13444697
  • NDL Article ID
    5533503
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-606
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top