火星探査機'のぞみ'のスピンによるドップラー周波数短周期変動の解析  [in Japanese] Analysis of Short Period Variations of Doppler Frequency Caused by the Spin of Mars Spacecraft, NOZOMI  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

スピン安定型衛星に搭載された送受信アンテナの不均一な位相特性は, 衛星が自転することによって送受信位相に変化をもたらし, この位相変化はドップラー周波数に影響を与え, 真の距離変化率の測定に誤差を与える.またアンテナ位相中心の平均的な位置は必ずしも衛星のスピン軸に一致しておらず, 位相中心の平均的な位置とスピン軸の不一致もドップラー計測に影響を与えることが知られている.そこで, 鹿児島宇宙センタにおいてインテグレーテッドドップラー計測方式で得られたスピン安定型衛星'のぞみ'のドップラー周波数データを解析し, スピンの影響と考えられるドップラー周波数の変動を検出した.そして, それらの影響が除去できる条件と, その除去方法を提案し, 実際に'のぞみ'の観測データからそれらの影響をほとんど除去できることを示す.またこのような条件を満たすためには, 衛星軌道投入時のスピン周波数に制限があることがわかった.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers B

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers B 00084(00006), 1071-1078, 2001-06-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  3

Cited by:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003182388
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11325909
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13444697
  • NDL Article ID
    5784335
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-606
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top