輝度投影相関を用いた実時間ビデオモザイク  [in Japanese] Real-Time Video Mosaics Using Luminance-Projection Correlation  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論文では,撮影,位置決め,貼り合せ,プレビューの四つの過程をビデオレートで繰り返すことができる,新しいビデオモザイクの手法を提案する.本手法では,モザイクのための画像の動き量計算のための特徴量として,映像の1コマ1コマの画像ごとに,水平・垂直両方向それぞれに輝度の投影分布を求め,得られた各コマの投影分布間の相関に基づいて動き量を検出する.具体的には,次のコマの画像がとり得る範囲の動きを仮定して投影分布を変化させ,それらのうち,実際の投影分布と最も一致すると検証されたときの仮定動き量を実際の動き量とする.これにより,一般的なパソコンの処理能力で,カメラの動き量が次のコマの入力までに計算でき,得られた動き量から,広視野パノラマ画像や高精細画像をリアルタイムで確認しながら撮影を行うことができる.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers.

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00082(00010), 1572-1580, 1999-10-25

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  13

Cited by:  27

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003183527
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11340957
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151923
  • NDL Article ID
    4886502
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1853
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top