神経振動子を用いた歩行アニメーションの自動生成  [in Japanese] Automatic Generation of Walking Animation with Neural Oscillators  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

3次元CGで構成される仮想人間は対話的なコンテンツを製作する上で重要な役割を演じ, 近年ではその動作の自律的な生成が技術的課題となっている.本論文では, 動作としての使用頻度の高い歩行に着目し, そのスタイルや環境の変化に対して柔軟かつ自律的に動作を適応させる手法を提案する.筋一骨格モデルに基づく歩行制御にはコントローラを用い, その周期的な駆動信号の発生には神経振動子を導入する.本手法で用いる神経振動子はコントローラの物理的な特性に同調し, 制御変数の変動に対する安定性に優れている.また, 制御機構と最適化方法の簡略化により, 歩行動作の実時間での適応制御が実現される.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers.

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00084(00011), 2427-2436, 2001-11-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  33

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003184200
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11340957
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151923
  • NDL Article ID
    5962734
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1853
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top