普及型 PC における2次元テクスチャを用いた3次元画像の任意断面表示手法  [in Japanese] Interactive Arbitrary Cross-Section Visualization Using 2D-Texture on Standard PC  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 松田 浩一 MATUDA Koichi
    • 岩手県立大学ソフトウェア情報学部 Faculty of Software and Information Science, Iwate Prefectural University
    • 大田 敬太 OHTA Keita
    • 岩手県立大学ソフトウェア情報学部 Faculty of Software and Information Science, Iwate Prefectural University
    • 土井 章男 DOI Akio
    • 岩手県立大学ソフトウェア情報学部 Faculty of Software and Information Science, Iwate Prefectural University

Abstract

従来のテクスチャを利用した3次元画像表示法では,3次元画像を2次元テクスチャの積層によるスライス群として定義して表示に用いる.そして,このスライス群をx,y,z軸に垂直な3セット用意し,法線との関係から最もよく見えるセットを表示する.しかし,256^3以上の大きな3次元画像の場合,普及型PCでそのまま表示するとテクスチャバッファや表示能力の不足により実用的な速度にならないため,間引いた枚数で表示を行うことになる.この間引いたスライス群を断面表示にそのまま利用すると,スライス間のすき間が大きくなるため縞模様が顕著に現れる.本論文では,間引いた3セットのテクスチャ群を同時に表示することにより,保有テクスチャを増加させずに任意断面の画質を向上させる手法を提案する.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers.

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 85(8), 1351-1354, 2002-08-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  6

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003184254
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11340957
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151923
  • NDL Article ID
    6246877
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1853
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top