QSO電波束密度時系列から見えてくるもの  [in Japanese] Knowledge from the Time Series of QSO Radiowave Flux Density  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

深宇宙にある銀河階層のシステム(QSO)から放射される電波の観測値時系列を解析し,システムの進化・自己組織化に関する数理的・情報論的な構造を研究した.解析にはべき乗則の方法,及び時系列再構成状態空間写像法を使った.べき乗則の解析から,システムのダイナミックスの構造が進化していると考えられること,状態空間写像法の解析から,3次元状態空間上でアトラクタ様のパターンを得たこと,相関積分によるGP法から力学系の推定次元が限定された次数であることを示した.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers.

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 85(5), 825-832, 2002-05-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  21

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003184309
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11340957
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09151923
  • NDL Article ID
    6152195
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1853
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top