広帯域ネットワーク上のデータベース移動に基づく動的複製配置法 A Dynamic Replica Allocation Method Based on Databese Migration in BroadBand Networks

この論文をさがす

著者

    • 原 隆浩 HARA Takahiro
    • 大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻 Department of Information Systems Engineering,Graduate School of Engineering,Osaka University
    • 春本 要 HARUMOTO Kaname
    • 大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻 Department of Information Systems Engineering,Graduate School of Engineering,Osaka University
    • 塚本 昌彦 [他] TSUKAMOTO Masahiko
    • 大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻 Department of Information Systems Engineering,Graduate School of Engineering,Osaka University
    • 西尾 章治郎 NISHIO Shojiro
    • 大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻 Department of Information Systems Engineering,Graduate School of Engineering,Osaka University
    • 奥井 順 OKUI Jun
    • 大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻 Department of Information Systems Engineering,Graduate School of Engineering,Osaka University

抄録

近年, ATMなどのネットワーク技術の発展により, ネットワークの帯域幅が急激に拡大している. このような広帯域ネットワークでは, データベース全体の移動も短時間で行うことができる. 筆者らはこの点に着目して, これまでにデータベース移動を用いたトランザクション処理手法を提案し, シミュレーション評価によってその有効性を確認している. 一方, 従来の分散データベースでは, 処理性能を向上させるために複製を用いることが一般的である. そこで本論文では, 提案したトランザクション処理手法に基づいて, データベース移動を利用した動的複製配置法を提案する. 更に, 提案する動的複製配置法とこれまでに提案した手法をシミュレーションによって比較することで, 提案する手法の有効性を検証する.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. D-1, 情報・システム 1-情報処理

    電子情報通信学会論文誌. D-1, 情報・システム 1-情報処理 00082(00008), 1049-1058, 1999-08

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003184395
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11341020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09151915
  • NDL 記事登録ID
    4836866
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-779
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ