重度肢体不自由者向けの視線入力式コミュニケーション装置  [in Japanese] Eye Gaze Communication System for People with Severe Physical Disabilities  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 伊藤 和幸 ITOH Kazuyuki
    • 国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所 Research Institute, National Rehabilitation Center for the Disabled
    • 数藤 康雄 SUDOH Yasuo
    • 国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所 Research Institute, National Rehabilitation Center for the Disabled

Abstract

重度肢体不自由者のQOL(生活の質)向上を目指し, 眼球運動を利用した視線入力によるコミュにケーション装置の開発を試みた.筋ジストロフィー患者や筋萎縮性側索硬化症患者のような障害者では, 病状の進行に伴い四肢が動かなくなり, 走査選択式装置へのスイッチ操作に眼球の動きを利用せざるを得ないといったケースが出てくる.従来このような障害者は, 上下左右への眼球の動きや目の開閉をスイッチ入力のオンオフに利用していたが, 障害者が見つめた対象をそのまま選ぶことのできる視線入力が実現できるなら, 操作はわかりやすく, 入力効率も上がることになる.本論文では直接選択式による視線入力装置の開発内容とその臨床評価結果について報告する.眼球の運動を随意に制御できる障害者であれば, 視線入力方式だけで手軽に文章作成が可能であることがわかった.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers.

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00083(00005), 495-503, 2000-05-25

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  19

Cited by:  75

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003184483
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11341020
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151915
  • NDL Article ID
    5350585
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-779
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top