エージェントシミュレーションによる共同分配規範モデル  [in Japanese] Analyzing Norm Emergence in Communal Sharing via Agent-Based Simulation  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 倉橋 節也 KURAHASHI Setsuya
    • 筑波大学大学院経営・政策科学研究科企業科学専攻 Management Science and Public Policy Studies, Business Administration and Law, Tsukuba University
    • 寺野 隆雄 TERANO Takao
    • 筑波大学大学院経営・政策科学研究科企業科学専攻 Management Science and Public Policy Studies, Business Administration and Law, Tsukuba University

Abstract

本論文では, コミュニティの共同分配規範が情報社会の中でどのように機能するのかを, 人工社会に対するエージェントシミュレーションによって分析する. 我々のシミュレータTRURLは, 意思決定とコミュニケーションの機能を備えた個性をもつエージェント群から構成されており, 更に遺伝的アルゴリズムによる社会進化機能と解探索機能とを備えている。従来, 共同分配規範の創発と機能については, 社会心理学の分野で進化ゲームを用いたシミュレーションの研究がなされており, 規範の崩壊と維持という興味深い事象が報告されている. 本論文の分析によると情報財を対象とするネットニュース社会においてはフリーライダーの発生は規範の崩壊を招かないという結論が得られた.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers.

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00084(00008), 1160-1168, 2001-08-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  25

Cited by:  14

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003184602
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11341020
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151915
  • NDL Article ID
    5855571
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-779
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top