AR技術を用いた腎臓糸球体の3次元表示 3D presentation of glomerulus in kidney with AR technique

この論文をさがす

著者

抄録

現在、わが国では、糖尿病とその合併症が問題となっている。合併症のうち大きな割合を、腎臓病が占めており、治療を行う際には、腎臓の機能評価が重要となる。腎臓の機能を評価する方法の一つとして、ある一定の領域における糸球体の計数と体積を計算することが検討されている。腎臓を診断するうえで、糸球体がどのように分布しているかを観測することは、病態の特徴を把握し、薬剤投与前後における薬剤効果の直接的評価を行うにあたって重要となってくる。本研究では、腎臓の構成要素である糸球体を仮想空間上に表示し、AR技術を用いたインタフェイスによりその分布や大きさなどを計測するシステムを構築することを試みる。

At present, diabates and its complication becomes big problems in our country. Especially, occurence of complications of kidney trouble occupies a big rate. While treatment, the function evaluation becomes important. Measurement of the number and volumes of the glomerulus in a certain fixed territory is considered as one of the ways of evaluating a real functions of kidney. The knowledge of distribution of glomerulus makes it possible to evaluate the effect of medicine objectively. In this research, three dimensional image of groups of glomerulus is displayed on the virtual space. The system, which the density, size and so on are measured with, is constructed utilizing the interface with AR technology.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像

    電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像 100(464), 17-20, 2000-11-15

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003185383
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11370335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5602500
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ