プラント運転用インタフェースエージェント : 次世代プラントインタフェースを目指して Interface Agent for Process Plant Operation : toward Next Generation Plant Interface

この論文をさがす

著者

抄録

プロセスプラント運転において運転員とプラントを仲介するインタフェースエージェントの概念について、運転タスクと一般的なエージェント属性から明らかにし、事例ベース推論を用いてエージェントの知覚と記憶の機能を実現する手法を紹介する。SchankらのMOPを用いてプラント運転における異例を感知する機能を実現し、実プラントデータとシミュレータを用いた実験を行った。エージェントの能力と事例に基づく機能実現との関連について考察し、今後の課題について述べた。本研究は通商産業省産業科学技術研究開発制度によるヒューマンメディア研究開発プロジェクトに関連し, 新エネルギー・産業技術総合開発機構の委託により財団法人イメージ情報科学研究所との契約により実施された.

An interface agent for process plant operation mediates between an operator and a process plant. In this paper, we describe the notion of an interface agent derived from the characteristics of plant operation task and the generic properties of agents, then introduce an idea of case-based realization for the agent's perception and memory. Sensation of anomaly in plant operation was built on Memory Organization Package(MOP). The demonstration on feasibility study using real plant deta and simulation data showed agent's competence that detects unexperienced situation in plant operation. Relationship between agent's competence and case-based functionality realization in future is discussed. This study was achieved as one of the Human Media Research and Development Projects under the Industrial Science and Technology Frontier Program.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理

    電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理 98(436), 77-80, 1998-11-30

    一般社団法人電子情報通信学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003187032
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013061
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ