WWWを利用した日本語点字学習者のための支援環境の構築  [in Japanese] Support System for Japanese Braille Learner Using WWW  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

現在の情報化社会において、その情報の中心をなすものは文字であるが視覚障害者にとってはその恩恵をこうむることは難しい。かつて非常に困難だった点字による読書事情は、晴眼者のボランティア活動による点字図書の作成によって最近、徐々に改善されている。しかし点字図書の出版には、多くのコストがかかりかなりの人的資材を必要とする。PCを利用した点訳システムは存在しているが、特定のシステムに依存したアプリケーションのため誰もが使うことは難しかった。そこで、本稿は近年使用者が大幅に増大したインターネット上でJAVAを利用し、だれでも学習可能な晴眼者のための支援環境を構築することを目的とする。

In present information society, core of information is occupied by characters. But, it is difficult for blind person to get the visual benefit. publishing in Braille is costly and needs considerable man-power. In Braille libraries, it needs volunteers to transcribe into Braille when making books by themselves. Although the translation system of braille by using PC exists, it is difficult for everyone to use it because of the dependence on applications and hardwares. To solve these problems, this paper purpose a support environment for braille learner by using internet and JAVA language that is independent on hardwares.

Journal

  • IEICE technical report. Education technology

    IEICE technical report. Education technology 98(563), 97-104, 1999-01-23

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  9

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003192558
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013163
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09135685
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS 
Page Top