天文教育におけるコラボレーションによる3次元CG教材の作成とその利用 Production and practical use of teaching materials based on 3-dimensional computer-graphics technology with collaboration in education of astronomy

この論文をさがす

著者

抄録

筆者らは、数年前より天体現象の科学的数値に基づいた3次元コンピューターグラフィックス(CG)を共同作成している。その際、軌道計算、CG、天文教育の各専門家がコラボレーションする事により、それぞれ単独では実現出来ないレベルのサイエンティフィック・ビジュアライゼーション作品を制作することが可能である。さらに作品を教育現場やマスコミを通して活用することにより、大規模かつ効果的な教育活動を行うことができた。本文では、著者らがこの手法によって制作してきた天文教育用3次元CGの作例を交えながら、分野を越えたコラボレーションの有効性と成果を報告する。

Last several years, we have produced 3-dimensional computer-graphics of astronomical phenomena based on scientific data with collaborations. By collaborations with specialists of calculating of orbit of solor-system's body, making computer-graphics, and educating astronomy on planetarium, we produced high quality scientific visualization work. And also we achieved large-scale and effective education by using our works on planetaria and public observatories and mass media. Now we discuss how valid and efficient to producing and using these works with cross field collaborations, with showing some examples.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学

    電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学 99(161), 9-16, 1999-06-26

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003192727
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013163
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    4793989
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ