π/4-シフトQPSKおよびπ/2-シフトBPSKを用いたCDMA方式に関する研究 A study on the performance of the CDMA system using π/4-shift QPSK and π/2-shift BPSK

この論文をさがす

著者

    • 和田 忠浩 WADA Tadahiro
    • 名古屋大学 工学部 電子情報学科 Department of Information Electronics, School of Engineering, Nagoya University
    • 山里 敬也 YAMAZATO Takaya
    • 名古屋大学 工学部 電子情報学科 Department of Information Electronics, School of Engineering, Nagoya University
    • 小川 明 OGAWA Akira
    • 名古屋大学 工学部 電子情報学科 Department of Information Electronics, School of Engineering, Nagoya University

抄録

本論文は, 送信機の非線形増幅特性が帯域制限スペクトル拡散CDMAシステムの特性に与える影響について述べている. 非線形増幅特性としては, バンドパスハードリミタ(BPHL)を考える. また変調方式として, 帯域制限による包絡線変動が比較的小さいπ/4-shift QPSKとπ/2-shift BPSKを採用し, 多元接続時におけるビット誤り率特性を求め, 非線形増幅の下における両変調方式の有効性を示した. また帯域制限された信号を非線形増幅することによるスペクトルの広がりについても, 帯域外幅射電力で評価し特にπ/2-shift BPSKが良い特性を示すことを明らかにした.

In this paper, we evaluate the effect of nonlinearity of the amplifier in the transmitter to the performance of the band-limited DS/SS CDMA systems using π/4-shift QPSK and π/2-shift BPSK. A band-pass hard-limiter (BPHL) is employed as the model of the nonlinear amplifier. As a result, it is shown that both modulation schemes are robust to nonlinear amplification from the viewpoint of error rate performance. It is also shown that, after nonlinear amplification preceded by the bandwidth limitation, π/2-shift BPSK has narrower bandwidth than π/4-shift QPSK.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論

    電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論 95(590), 95-100, 1996-03-18

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003197266
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013083
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ