高域電力線通信のBER特性測定システムの構築と評価 Measurement System of the BER Performance for the High-Frequency Band Power-Line Communication and its Evaluation

この論文をさがす

著者

抄録

現在,2M〜30MHzの短波帯を使用した10Mbps程度の高速の電力線通信の研究開発が活発に行われている.当該帯域での線路特性やノイズ特性は十分に評価されていないため,実伝送路で伝送実験を行う必要がある.このため本稿では,各種変調方式をプログラマブルにできるシステムを構築した.適用事例として,複数分岐したVVFケーブルを整合終端することによるBER特性の改善量を測定している.また,研究室内のコンセント間で通信した場合のBER特性の測定結果を示している.

The research and development of high-speed power-line communication (PLC), which is about 10Mbps, using the high-frequency (HF) band between 2MHz and 30MHz have become active. Since the channel characteristic and the noise property of the band have not studied well, the computer simulation is not enough to develop the PLC system. The experiment using the practical power-line is also necessary to verify the bit-error-rate (BER) performance. In this paper, the BER measurement system for the HF-band PLC, in which the modulation method and data-bit-rate are programmable, is proposed. Using the system, the improvement of the BER performance due to the impedance matching at the end of VVF cables, which are widely used as indoor power-line cables in Japan, is shown. And the BER performance using the practical power-line of the authors' laboratory is also measured.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論

    電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論 101(726), 81-86, 2002-03-12

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003197831
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013083
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6144662
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ