試験ポリシィに基づく分散オブジェクトシステム動作評価方式の検討  [in Japanese] A Proposal of a testing methodology for distributed object systems based on a testing policy  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年、IDL(Interface Definition Language)に基づく分散オブジェクトシステム開発でも、スレッドやキューイングなど計算機資源の制御に加え、通信品質を制御するネットワークQoS(Quality of Service)などの品質制御技術が注目されている。これらの技術により計算機内のソフトウェア制御だけではなく、ネットワーク上の伝送を含めたエンドツーエンド間でのIDL Callにおけるリアルタイム性や高信頼性が保証できるため、制御システムを含めた更なるシステム統合が期待できる。本稿では様々な品質によりIDL Callが行われる分散オブジェクトシステム開発の最終段階の試験として、システム運用動作中に個々のオブジェクト動作が果たす役割の妥当性検証を、試験ポリシィを用いて行うシステム試験の方法を提案する。既に我々はメッセージトレースの記録によりオブジェクト動作を間接的に評価する方法を提案しているが、新たに試験ポリシィに基づく動作品質の観測方法を適用する事により、問題となるオブジェクト動作を段階的な絞り込みが可能となる。

We proposed a testing method using a testing policy based on a distributed object oriented technology targeting function evaluations of objects. Because a distributed object oriented system consists of many objects that are implemented by their architectures respectively, it is difficult to evaluate their behaviors. IDL(Interface Definition Language) has been paid attention with expectations, because it provides the ability of inter-connectivity between software in heterogeneous distributed environments. In this paper, we discuss the function evaluation methods of objects behaviors as black-box testing by gathering and evaluating of message traces based on an IDL specification in distributed object oriented systems.

Journal

  • Technical report of IEICE. TM

    Technical report of IEICE. TM 102(75), 19-24, 2002-05-17

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003201940
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1123835X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    6187726
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top