マルチプログラムTSトランスコーダにおける出力パケット再多重化方式とその実装  [in Japanese] The multiplexing algorithm for Multi-Program TS Transcoder and it's equipment  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では,MPEG-2マルチプログラムトランスポートストリームトランスコーダにおける出力パケット再多重化アルゴリズムを提案する.本提案方式では,多重化すべきパケットがPSI,オーディオ,ビデオのそれぞれの場合に分けて再多重化を実現する.PSIパケットについては一定時間間隔に,オーディオパケットについては入力時刻と同時刻に,ビデオパケットについてはそれぞれのESの出力パケット数比を一定値に収束させて出力することにより,STDバッファの破綻を回避する点を特徴とする.また,シミュレーション実験より,STDバッファ破綻を回避できることを示し,本提案方式の有構成を明らかにする.

In this paper, we propose a multiplexing algorithm for MPEG-2 multi-program TS transcoder. Proposed method has the characteristic which no STD buffer failure occures. PSI packets should be output in certain interval. Audio packets should be output in the same time as input time. Video packets should be output so that the ratio of the number of output packet should be constant. From simulation experiments, we show the status of STD buffer and show the effectiveness of proposed method.

Journal

  • IEICE technical report.

    IEICE technical report. 101(20), 17-24, 2001-04-13

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003201992
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11370335
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    5775752
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top