マルチパス環境における周辺散乱モデルに基づく無線局の位置特定法  [in Japanese] Mobile-Terminal Localization Based on Local Scattering Model in Multipath Environments  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 菊池 祥平 KIKUCHI Shohei
    • 慶應義塾大学大学院理工学研究科総合デザイン工学専攻 School of Integrated Design Engineering, Keio University
    • 辻 宏之 TSUJI Hiroyuki
    • 独立行政法人情報通信研究機構 National Institute of Information and Communications Technology, Incorporated Administrative Agency
    • 三浦 龍 [他] MIURA Ryu
    • 独立行政法人情報通信研究機構 National Institute of Information and Communications Technology, Incorporated Administrative Agency
    • 佐野 昭 SANO Akira
    • 慶應義塾大学大学院理工学研究科総合デザイン工学専攻 School of Integrated Design Engineering, Keio University

Abstract

近年位置情報サービスや非常電話などのために,無線局の位置を正確に特定する必要性が高まっている.本論文では都市部などのマルテパス環境下で一つの受信局アレーアンテナを用いて無線局の位置を高精度に特定する手法を提案する.本手法では周辺散乱モデルに基づいた受信信号モデルから,到来方向だけでなく散乱信号の角度広がりを表すパラメータが伝搬環境を特徴づけると考え,位置特定に利用する.更に得られた結果を送受信点周辺の高精度な3次元地形データを用いたレイトレーシングによる伝搬解析結果と最適に組み合わせることで,伝搬環境を考慮した新たな位置特定法を提案する.最後.に屋外伝搬実験で得られたデータに提案法を適用することで米国FCCにおけるE911の規制を十分満たして無線局の位置を高精度に特定できることを示した.

Journal

  • The IEICE transactions on communications B

    The IEICE transactions on communications B 87(12), 2020-2028, 2004-12-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  14

Cited by:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003203000
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11325909
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13444697
  • NDL Article ID
    7171647
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-606
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top