動作データ学習を用いた仮想人間のキーフレームアニメーション  [in Japanese] Keyframe Animations of Virtual Humans via Motion Data Learning  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 向井 智彦 MUKAI Tomohiko
    • 豊橋技術科学大学情報工学系 Department of Information and Computer Sciences, Toyohashi University of Technology
    • 栗山 繁 KURIYAMA Shigeru
    • 豊橋技術科学大学情報工学系 Department of Information and Computer Sciences, Toyohashi University of Technology
    • 金子 豊久 KANEKO Toyohisa
    • 豊橋技術科学大学情報工学系 Department of Information and Computer Sciences, Toyohashi University of Technology

Abstract

代表的な仮想人間の動作生成手法であるキーフレーム法は,各キーフレームにおける姿勢を指定し,その関節回転角を適切な関数で補間することで動作を生成する.しかしすべての姿勢を手作業で設計するには膨大な労力が必要であり,最適な補間関数の設計には熟練を要する.一方,近年ではモーションキャプチャ法を用いて実際の人体運動を計測する手法が主流になっており,計測した動作データの効率的な再利用が重要な課題となっている.本論文では,キーフレーム法に基づく動作生成に動作データの運動学的特徴を効率的に利用する手法を提案する.本手法では,筆者らが既に提案した機械学習による動作生成法を拡張し,動作データを用いて学習の報酬関数を設計することで自然な姿勢を探索する.またキーフレームの補間関数を理論的な人体運動モデルと動作データを用いて設計することで,人間らしい滑らかな動作を生成する.本手法により動作データの自然さを反映した複合的な全身動作を効率的に生成できる.

Journal

  • The IEICE transactions on information and systems Pt. 2

    The IEICE transactions on information and systems Pt. 2 88(1), 78-87, 2005-01-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  22

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003203186
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11340957
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151923
  • NDL Article ID
    7206127
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1853
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top