屈折現象を考慮した計算機合成ホログラムの計算法  [in Japanese] Calculation Method of Computer Generation Hologram Considering Refraction  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

計算機合成ホログラムは,立体像を直接観察することのできる三次元ディスプレイとして期待される方式である.しかし,リアリティの高い立体像を表示するのに必要となるレンダリング技術に関しては,コンピュータグラフィックスなどに比べ,著しく研究が進んでいない.特に,光が透明な物体を透過する際に発生する屈折現象の表現に関しては,研究がなされていない.そこで,本論文ではこの屈折現象を考慮した計算機合成ホログラムの計算法を提案する.提案法は,立体的な物体のホログラムを計算するのに用いられている断暦法をもとに,屈折率を考慮したものである.これに,光・電波の解析に用いられるFD-BPM (Finite Difference Beam Propagation Method)法を適応することにより,高速な計算法を実現した.この計算法を用いてホログラムを作成,光学像再生を行い,提案法が計算機合成ホログラムで屈折現象をもつ立体物体の表示に有効であることを確認した.

Journal

  • The IEICE transactions on information and systems Pt. 2

    The IEICE transactions on information and systems Pt. 2 88(1), 88-94, 2005-01-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  13

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003203187
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11340957
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151923
  • NDL Article ID
    7206131
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1853
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top