幾何学パターン投影法による術中変形を伴う生体の形状計測法の開発  [in Japanese] Development of a 3D Measurement System for Surgical Field Deformation with Geometric Pattern Projection  [in Japanese]

Author(s)

    • 鈴木 直樹 SUZUKI Naoki
    • 東京慈恵会医科大学高次元医用画像工学所 Institute for High Dimensional Medical Imaging, Jikei Univ. School of Medicine
    • 中田 典生 NAKATA Norio
    • 東京慈恵会医科大学高次元医用画像工学所 Institute for High Dimensional Medical Imaging, Jikei Univ. School of Medicine
    • 服部 麻木 HATTORI Asaki
    • 東京慈恵会医科大学高次元医用画像工学所 Institute for High Dimensional Medical Imaging, Jikei Univ. School of Medicine
    • 鈴木 薫之 SUZUKI Shigeyuki
    • 東京慈恵会医科大学高次元医用画像工学所 Institute for High Dimensional Medical Imaging, Jikei Univ. School of Medicine
    • 大竹 義人 OTAKE Yoshito
    • 東京慈恵会医科大学高次元医用画像工学所 Institute for High Dimensional Medical Imaging, Jikei Univ. School of Medicine

Abstract

近年,術中に術野の目標位置を提示し,術者の術野に対する直感的理解を助けることで精度の高い手技を行えるよう支援するナビゲーション技術が各臨床分野で研究・応用され始めている.現状では磁気センサやマーカ型の光学三次元位置センサ等を用い術野の位置計測を行うことが多い.骨などの硬組織に対するナビゲーションでは離散的に得られる数点のマーカを用いることで剛体である対象の位置計測が可能であるが,体表・肝臓など容易に形と位置を変える軟組織に対してのナビゲーションでは,その変形状態をサーフェスデータとして時系列に計測可能な位置センサが必要となる.本研究では,PCプロジェクタにより対象に投影した幾何学的パターンを用い,これを多方向からのDVカメラによりリアルタイムキャプチャする方式をとった.これにより術場に容易に設置でき,関心部位の三次元形状とテクスチャ情報を同時に計測・可視化できる生体変形計測法の開発を行った.動物実験を行い術中随時更新される時系列の表面形状データにより術前対象臓器モデルをRegistrationし,計測した術野サーフェスデータに臓器内部構造モデルを統合表示するData-Fusion処理を行うことができたので報告する.

Journal

  • The IEICE transactions on information and systems Pt. 2

    The IEICE transactions on information and systems Pt. 2 88(1), 133-141, 2005-01-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  21

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003203192
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11340957
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151923
  • NDL Article ID
    7206317
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1853
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top