大学における実運用のための講義自動アーカイブシステムの開発  [in Japanese] Automatic Lecture Archiving System for Practical Use at Universities  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論文では, 大学における講義室での実運用が可能な講義自動アーカイブシステムの構成法を提案する.講義の自動アーカイブ化においては, 講義室から様々な種類の情報を獲得して講義室の状況を推定する必要があるため, 機能のモジュール化, 機器の仕様や制御に関する情報の一元管理, また講義状況の推定に必要なデータのキャッシュデータベースからの獲得, の三つの特徴をもつアーカイブシステムの構成法を提案する.これらの構成法に基づく講義自動アーカイブシステムを実際の講義室に実装し, 約1年半にわたり実運用を行った.その結果, ハードウェアの追加や状況認識アルゴリズムの更新のしやすさなど, 運用上の様々な状況に応じて柔軟な運用が可能であることを確認した.

Journal

  • The IEICE transactions on information and systems Pt. 2

    The IEICE transactions on information and systems Pt. 2 88(3), 530-540, 2005-03-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  14

Cited by:  15

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003203202
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11340957
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151923
  • NDL Article ID
    7272246
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1853
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top