日本語-手話機械翻訳システムに向けて : テキストレベルの翻訳系の試作と簡単な例文の翻訳 A prototype translation system from Japanese to Japanese sign language text and a translation experiment

この論文をさがす

著者

抄録

日本語から手話への翻訳処理過程のうち, 入力された日本語文をそれと近似的に等価な(記号化された)手話単語の並びに変換する日本語-手話機械翻訳システムの構築を試みている.手話では語彙的内容や文法的な情報が, 手指の基本的な動作(辞書形)からの変化や非手指動作の付加によっても表現されるため, 手話単語の名前とその語順を指定しただけでは文の意味が曖昧になる場合がある.このシステムでは非手指動作によって表される文法的な情報や語形変化もテキストにエンコードして出力している.本報告ではこの翻訳システムについて述べ, また簡単な例文による翻訳実験について述べる.

We are now developing a prototype translation system from Japanese to Japanese sign language text. In sign languages, syntactic and semantic information may be represented by modulations of manual and/or non-manual features. This causes the meanings of sign language texts constructed only from sequences of sign identifiers (glosses) to be ambiguous. To prevent this ambiguity, our translation system generates texts that such syntactic information is encoded into. In this report, we describe the translation system and a translation experiment on it using simple Japanese sentences.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学

    電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学 104(639), 43-48, 2005-01-21

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003204212
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1155230X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7253620
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ