並列化によるFDTD法の演算高速化について Acceleration of FDTD Simulation with Parallelized Computing Technique

この論文をさがす

著者

抄録

FDTD法(Finite Difference Time Domain Method)は実測の困難な箇所の音場を計算する手法として広く利用されはじめており, FDTD法を並列計算化することにより, 扱える計算空間の拡大や計算速度の向上といったさらなるメリットが得られる. 本研究では, FDTD法を並列化するにあたっての手法について, 各種並列化の検討, 空間分割やデータ交換のタイミング等について検討を行った. また, FreeBSD上でLAM/MPIライブラリを利用して並列計算を行い, 逐次計算との計算結果の一致と, 扱える計算空間の拡大と計算速度の向上を確認した.

FDTD (Finite Difference Time Domain) method is using widely to simulate sound fields where actual observations are difficult such as inside human brains or bones. Parallelizing FDTD method gives you advantages in wider simulation area and higher processing speed. In this research, techniques in dividing simulation area and scheduling of exchanging data is discussed. Also, using LAM/MPI interface on FreeBSD, results of single and parallel simulation are verified, and the expansion of simulation field and accelaration of processing speed are confirmed.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. US, 超音波

    電子情報通信学会技術研究報告. US, 超音波 104(612), 1-4, 2005-01-27

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003204742
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001290X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7253877
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ