インライン計測に基づくTCPによるバックグラウンド転送方式  [in Japanese] ImTCP-bg : Background TCP data transfer with inline network measurement  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では, データ転送のためのパケット以外に計測用パケットを必要としないインラインネットワーク計測によって得られる計測結果を用いて, 従来のTCPよりも優先度の低いデータ転送を実現する新たなバックグラウンド転送方式を提案する.具体的には, 送信ホストと受信ホスト間のネットワークパスの利用可能帯域に関する情報をインライン計測によって取得し, その計測結果を基に送信側TCPが持つ輻輳ウィンドウサイズの上限値を動的に設定する.ネットワーク状態を高い精度で推測して輻輳制御を行うことによって, 従来提案されてきたラウンドトリップ時間を指標として早期にネットワーク輻輳を検知する方式とは異なり, 輻輳を発生させることなくバックグラウンド転送を行うことができる.シミュレーションによる性能評価を通して, 提案方式がフォアグラウンドトラヒックへの影響度や帯域の利用率に関して従来のバックグラウンド転送方式よりも優れた性質を持つことを示す.

In this paper, we propose ImTCP-bg, a new background TCP data transfer mechanism by using an inline network measurement technique. ImTCP-bg sets an upper limit of the congestion window size of the sender TCP based on the results of the inline network measurement of available bandwidth of the network path between the sender and receiver hosts. ImTCP-bg can provide a background data transfer without affecting the foreground traffic, whereas the previous methods can not avoid the network congestion essentially. We investigate the performance of ImTCP-bg through simulation expeiments, and we validate the effectiveness of ImTCP-bg in terms of interference with foreground traffic and the link utilization.

Journal

  • IEICE technical report. Information networks

    IEICE technical report. Information networks 104(658), 1-6, 2005-02-17

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  15

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003205756
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013072
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    7282963
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top