チューナブル長周期ファイバグレーティングの製作と特性評価  [in Japanese] Fabrication and Estimation of Mechanically Induced Tunable Long-Period Fiber Grating  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

長周期ファイバグレーティング(LPFG)は特定の波長領域に損失を与えるフィルタ機能を有するが,製作過程においてそのフィルタ特性を正確に予測することは容易でない.この対策として,製作手法または製作後の特別の処理により減衰波長領域を制御する方式がいくつか提案されたが,実用性の面で不十分である.本論文では,スプリングを用いた機械式チューナブルLPFGによるフィルタ特性の制御手法を提案した.実験の結果,減衰波長領域を細かく制御することができた.

Journal

  • The IEICE transactions on electronics C

    The IEICE transactions on electronics C 88(1), 22-27, 2005-01-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  12

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003207331
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11412446
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13452827
  • NDL Article ID
    7208539
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-607
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top