レコード同定問題に関する研究の課題と現状  [in Japanese] Techniques and Research Trends in Record Linkage Studies  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

単一あるいは異なる情報源の間で重複するレコードを見つけ出す「レコード同定」は, データベースの品質管理やデータ統合に必須の技術である.しかしながら, このレコード間の照合は一般に容易には実現できない.というのも多くの場合, レコード同士は統一的な識別子をもたず, レコードの属性や値の間にも厳密な対応関係が存在しないためである.特に, 長期間にわたり分散化した環境のもとで構築された大規模なデータベースにおいて, 信頼性高くレコードを同定することはコストのかかる困難な作業となる.そこで本論文では, 重複レコードを検出するためのレコード同定手法に注目し, 研究動向を概観する.

Journal

  • The IEICE transactions on information systems Pt. 1

    The IEICE transactions on information systems Pt. 1 88(3), 576-589, 2005-03-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  67

Cited by:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003207354
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11341020
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151915
  • NDL Article ID
    7272053
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-779
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top