柔軟なトラフィックエンジニアリングを実現する自律分散経路制御手法REI  [in Japanese] An Autonomous Distributed Network Routing Algorithm for flexibile traffic engineering  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

ネットワークの利用が熟成するにつれ, 恒常的なトラフィック増加が問題となっている.多大なアクセスを生むキラーコンテンツはネットワーク上に遍在している訳ではなく, むしろ偏在しているために, 一部の経路制御ノード群において輻輳が生じる傾向にある.既存の経路制御アルゴリズムでは決定論的な手法で経路が一意に定められるため, ネットワークの負荷集中と輻輳はより一層深刻となる.本論文では, 各経路制御ノードがそれぞれ採取・蓄積した遅延時間情報に基づいて確率的に次ノードを決定し, 目的ノードまでの経路を創発する適応的経路制御手法REI(Routing for Environmental Intelligence)を提案する.各ノードは, 到着したパケットから得られた経由ノード間の遅延時間情報に基づいて, 目的ノードごとに到達可能な次ノード候補に対して動的に変化する重みの付いた経路制御表を構築する.フォワーディングにおける次ノードはこの重みに従って確率的に選択される.適応性を機能拡張したOSPFとのシミュレーション比較実験の結果, REIはトラフィック環境の変化に適応して平均遅延時間のより小さい経路を自律生成する能力に優れ, またネットワーク全体の負荷分散においても有効であることがわかった.

This paper proposes a network routing algorithm REI which has autonomous adaptability to network traffic conditions. When a routing node has some different paths to a given destination, we can evaluate these paths in terms of their latency (delay time) given in inbound data packets. Evaluating scores of the paths, every node works as a distributed autonomous agent for adaptive routing. By network simulations to compare with a conventional OSPF and enhanced ones, we show that the multiagents-based routing algorithm has good adaptability in congested path avoidance and network load balancing.

Journal

  • IEICE technical report. Information networks

    IEICE technical report. Information networks 105(178), 115-120, 2005-07-07

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  9

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003224906
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013072
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    7389939
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top