異機種複合システム RSCC(Riken Super Combined Cluster) とその将来計画 Heterogeneous Computer System, RSCC and its Future Plan

この論文をさがす

著者

抄録

複数のPCクラスタ、ベクトル並列計算機、さらに分子動力学専用機を内蔵したクラスタという三種類の異なるコンピュータをGbitEthernetで結び、グリッド技術で結合したRSCC(Riken Super Combined Cluster)システムを昨年富士通、NEC、日本IBMと開発した。このシステムでは、ユーザーが持つ種々のアプリケーション・ニーズにより柔軟に対応するために、このような異機種複合システムとなっている。また、グリッド技術やウェッブ技術を使い、どのユーザーにも統一された使い勝手をサービスできるように配慮した。稼働から1年が経過したが、故障は当初予想よりも少なく、順調に使われている。一方で、今後マルチフィジックス、マルチ・スケールといった新たな計算ニーズの増加が予想されているが、今回のシステムでは異機種間を結ぶ通信の帯域が十分ではない。このようなニーズに対応すべく、2010年度末完成を目指した、次期複合システムの構想をまとめた。この概要もここで紹介する。

We developed a heterogeneous computer system called RSCC(Riken Super Combined Cluster) with Fujitsu, NEC and IBM Japan in 2004. It is composed of a cluster of PC clusters, a vector parallel csupercomputer and a PC cluster with MDGRAPE-2 which is a special purpose board computer and inserted in PCI slots. This system is designed to fit wide variety of user's needs but became a complex system. The grid technologies are used to hide this complexity. Web portal systems are prepared for beginners and experimental researchers to use this system. It is now about one year from the system started operation. The RSCC has provided its service to users without major troubles. RSCC has a weak point in communication bandwidth among subsystem in spite of high bandwidth within subsystem. We have made a future plan to develop a tightly connected heterogeneous super computer, which will be completed in FS2010.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム

    電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム 105(225), 1-6, 2005-07-28

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003225042
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013141
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7433429
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ