メガヘルツホッピングFFH-SS通信用周波数シンセサイザ MHz Hopping Frequency Synthesizer for FFH-SS Communication

この論文をさがす

著者

    • 岡田 英治 OKADA Eiji
    • 徳島大学 工学部 電気電子工学科 Dept. of Electrical and Electronic Engineering, Faculty of Engineering, The University of Tokushima
    • 大家 隆弘 OIE Takahiro
    • 徳島大学 工学部 電気電子工学科 Dept. of Electrical and Electronic Engineering, Faculty of Engineering, The University of Tokushima
    • 入谷 忠光 IRITANI Tadamitsu
    • 徳島大学 工学部 電気電子工学科 Dept. of Electrical and Electronic Engineering, Faculty of Engineering, The University of Tokushima

抄録

高速周波数ホッピングスペクトル拡散通信(FFH-SS)には, 高速に出力周波数を切り換えることの出来る周波数シンセサイザが必要不可欠である.特に屋内のようなマルチパス環境では数MHzのホッピングレートが必要である.我々はさきにホッピングレートを維持しつつ出力周波数分解能を細かくすることが可能なGHz帯の周波数シンセサイザを提案した.しかし, この方式ではホッピングレートを上げると位相差の計測が困難になる.本稿では, 周波数が一定になっている間に計測しなくてはならない位相差の数を減らし, さらにホッピングレートを上げることのできるGHz帯の周波数シンセサイザを提案する.FFH-SSではホッピング系列が周期的であることを利用し, 隣接する2つの分周比に対応する位相差をホッピング系列1周期ごとに交互に計測する.実験機において, MHzのホッピングを実現した結果を報告する.

Frequency synthesizer which is able to change output frequency at high speed is indispensable to Fast Frequency Hopping Spread Spectrum(FFH-SS)communication. In particular, FFH-SS communication requires MHz hopping rate in multipath environment as the room. So, we have proposed, previously, GHz band frequency synthesizer which is able to keep up hopping rate and raise output frequency resolution. But, this synthesizer is difficult to measure phase-error when hopping rate becomes high. In this paper, we will propose new GHz band frequency synthesizer. This synthesizer is able to reduce the number of phase-errors that has to measure within a fixed interval and raise hopping rate. Using hopping sequence is periodic, this synthesizer measures phase-errors corresponding to two adjoining divider's ratio every a period of hopping sequence, alternately. Finally, we will show the experimental result that proposed synthesizer can be raise its hopping rate to MHz.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論

    電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論 99(700), 39-44, 2000-03-17

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003225938
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013083
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5354613
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ