スペース・コラボレーション・システムにおけるデータ伝送サービスと品質に関する検討  [in Japanese] Study of Data Transmission Service and its Quality on the Space Collaboration System  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

大学間教育交流ネットワーク「スペース・コラボレーション・システム」(SCS)の機能拡張として、データ伝送サービスを検討している。データ伝送サービスでは、現在の衛星2回線を用いた映像音声信号の交換に加え、データを扱ったセッションを行うことができる。VSAT局にデータ伝送システムを導入する場合、既存の資源を最大限有効利用するため、システム上の制約と機能拡張に伴う要求を議論する。提供するサービスの品質を満たすための適切な経路構成と要求される通信制御について言及する。

We are planning data transmission services as extension of the inter-university educational network "Space Collaboration System" (SCS). The data transmission services can make a session with data, exchanging audio-video signals with two satellite channels. Installation of the data transmission system to each VSAT station requires efficient use of the current resources. Thus we discuss a limit on the system and requirements from the extension. We mention route configuration and communication control to satisfy the quality of service.

Journal

  • IEICE technical report. Education technology

    IEICE technical report. Education technology 99(332), 17-24, 1999-09-25

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  11

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003226816
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013163
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    4874973
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top