アウェアネスを指向した開放型グループ学習支援システムSharlokの構築  [in Japanese] Sharlok: An Open Group Learning System Focusing on Awareness  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 緒方 広明 OGATA Hiroaki
    • 徳島大学工学部知能情報工学科 Department of Information Science and Intelligent Systems, Faculty of Engineering, Tokushima University
    • 矢野 米雄 YANO Yoneo
    • 徳島大学工学部知能情報工学科 Department of Information Science and Intelligent Systems, Faculty of Engineering, Tokushima University

Abstract

本論文では, ネットワークを利用した開放型グループ学習支援システムにおいて, 協調学習の誘発を支援する Knowledge Awareness (KA) を提案し, その試作システムであるSharlok (<Shar>_____-ing, L__-inking, and Lo__-oking-for K__-nowledge) について述べる. Sharlokは, ネットワークで結ばれた各学習者が, 知識を蓄積しあい, それに関して討論が行えるオープンな学習環境である. KAは, "知識に気づく" という意味であり, 共有データベースにおける学習者の行動履歴を利用して, 討論のきっかけとなる知識の存在や学習者の存在に気づかせる. KAを提供し, 討論を誘発することにより, 学習者は, 意欲的に学習し, 共有データベースは洗練化され, 成長していく最後に, 本論文では, 試作システムの評価を通じて, KAの有効性を示す.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers.

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00080(00004), 874-883, 1997-04-25

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  18

Cited by:  40

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003226951
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1007132X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151923
  • NDL Article ID
    4205223
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1853
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top