SA法を用いた配送計画問題の解法におけるエネルギー関数中の重み自動調節法  [in Japanese] Adjustment of Weghts of Terms in an Energy Function Used in a Simulated Annraling Approach to Vehicle Scheduling Problems  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

配送計画問題は多制約かつ多目的な組合せ最適化問題であるが,シミュレーテッドアニーリング法(SA法)により精度良い解が高速に得られることがわかってきている.SA法では制約や目的の重要さはエネルギー関数中の重み係数の値により表現することができるが,これらの値の設定は試行錯誤にたよるしか方法がなかった.本研究では,2層確率場モデルの手法を取り入れて,アニーリングの過程で重み係数を自動調節する方式を提案する.この重み係数の調節の指針としては,制約や目的ごとに設定した配送計画者の希求水準を用いた.50店舗を最大10台の車両で配送する配送事例について実験を行い,重み調節法の有効性を示した.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers.

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00079(00009), 1586-1593, 1996-09-25

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  11

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003227609
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1007132X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151923
  • NDL Article ID
    4046890
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1853
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top