没入型仮想共有環境 Immersive Shared Environment for Cyber Communication

この論文をさがす

著者

    • 小林 稔 KOBAYASHI Minoru
    • 日本電信電話株式会社NTTサイバースペース研究所 NTT Cyber Space Laboratories, NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION
    • 井原 雅行 IHARA Masayuki
    • 日本電信電話株式会社NTTサイバースペース研究所 NTT Cyber Space Laboratories, NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION
    • 細田 真道 HOSODA Masamichi
    • 日本電信電話株式会社NTTサイバースペース研究所 NTT Cyber Space Laboratories, NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION
    • 石橋 聡 ISHIBASHI Satoshi
    • 日本電信電話株式会社NTTサイバースペース研究所 NTT Cyber Space Laboratories, NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION

抄録

バーチャルリアリティ技術と通信技術を応用して,遠隔地にいる複数のユーザがあたかも同じ場所にいるかのような感覚を持ちながらコミュニケーションすることを可能とする「没入型仮想共有環境」について解説する.初めに,仮想共有環境により実現されるサービス例により仮想共有環境が目指す通信形態を示し,次に実現に必要な技術である,没入型仮想空間表示技術,アバタ表示技術,仮想空間管理技術などについて解説する.最後に具体的システム例として,筆者らが構築した没入型仮想共有環境GAVAを紹介する.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

    電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers 85(4), 259-264, 2002-04-01

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  28件中 1-28件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003230931
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001339X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135693
  • NDL 記事登録ID
    6129118
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-192
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ