金融工学の視点から見た大学と企業の共同研究  [in Japanese] A Financial Engineering Perspective on Academic-Industrial Research Collaboration  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

金融工学で注目されているリアルオプション法を用いて, 大学と企業との共同研究の価値を評価する.両者が性急に共同研究を開始するのではなく, あらかじめプランニングの期間を設け, その結果によって共同研究を開始するか否かを意思決定するオプションを持つことにより, 共同研究の価値を高めることができる.具体的な例を基に, リアルオプション法により共同研究の価値を算定する方法を説明するとともに, この概念の実践例である, 東京大学の新しい共同研究制度Proprius21を紹介する.

Journal

  • The Journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

    The Journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers 88(9), 740-744, 2005-09

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003232133
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1001339X
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    09135693
  • NDL Article ID
    7473208
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-192
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top