視覚系のニューロインフォマティクス研究支援環境--VISIOME PLATFORMの概要 (企画セッション ニューロインフォーマティックスとは何か)  [in Japanese] Neuroinformatics research environment for vision science : Introduction to the Visiome Platform  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

ニューロインフォマティクスは、神経科学分野において情報技術の導入、活用を進める研究分野であり、OECDのメガサイエンスフォーラム、NIWG(The OECD Working Group on Neuroinformatics)を中心に研究、開発の方向性が打ち出され、米国、EUを始めとして様々な国や地域において研究プロジェクトが進められている。我々は我が国におけるニューロインフォマティクス研究基盤として、視覚系を対象に書誌情報、実験データ、数理モデルなどの様々な資源(コンテンツ)の蓄積、分類、相互利用を推進するデータベースポータルサイトVisiome Platformの開発を進めてきた。本稿では、Visiome Platformを中心とする研究支援環境の概要とPlatformの利用方法を紹介する。

Neuroinformatics is a new scientific field to apply information technologies on neurosciences. It is established many research projects in the United States, EU and countries, based on the promotion of the OECD Working Group on Neuroinformatics. In our project, a database portal site, Visiome Platform, is developed for bases of Japanese neuroinformatics research. The Visiome Platform can integrate and share information of selective references, experimental data and programs of mathematical model. In this article, it is presented the brief overview of the platform and its operation.

Journal

  • IEICE technical report. Neurocomputing

    IEICE technical report. Neurocomputing 103(490), 79-84, 2003-12-08

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003232491
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10091178
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    特集
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    6827767
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top