報酬系による制御を取り入れたワーキングメモリーモデル Computational Model for Working Memory Controled by Reward System

この論文をさがす

著者

    • 佐々木 亮 SASAKI Ryo
    • 東北大学工学研究科応用物理学専攻 Department of Applied Physics, Graduate School of Engineering, Tohoku University
    • 三宅 章吾 MIYAKE Shogo
    • 東北大学工学研究科応用物理学専攻 Department of Applied Physics, Graduate School of Engineering, Tohoku University
    • 佐藤 俊治 SATOH Shunji
    • 東北大学工学研究科応用物理学専攻 Department of Applied Physics, Graduate School of Engineering, Tohoku University

抄録

本研究では報酬系からのワーキングメモリ一機構に対する制御に着目し,ワーキングメモリーモデルの数理モデル化を行った.ワーキングメモリーを構成する機構として,情報の選択機構,保持機構,消去機構,操作機構を考え,これらの機構に対する制御を,報酬予測が可能なTemporal Difference (TD)モデルを用いて定式化した.ワーキングメモリー課題である遅延反応課題とGo-Nogo課題に対する数値実験を行った.その結果,ワーキングメモリー機能を実現するためには,報酬の他に様々な情報の予測が重要である事が示された.

A computational model for working memory which is controled by a reward system is proposed. The control system of working memory is formulated by use of a temporal difference model which estimates future reward. Through the computational experiment, the behavior of the model is studied for a delayed response task and and a Go-Nogo task. It is pointed out that the prediction of the other various attention signals is important as well as the information of reward.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 103(734), 85-90, 2004-03-12

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003232593
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091178
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6927025
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ