運動物体検出メカニズムの計算モデル A computational model for the mechanism of moving object detection

この論文をさがす

著者

    • 永野 俊 NAGANO Takashi
    • 法政大学工学部経営工学科 Department of Industrial and System Engineering, College of Engineering, Hosei University

抄録

自己の身体と外界の物体が同時に動くような状況では運動物体の網膜投影像だけでなく静止物体の網膜投影像も同時に動くことになる。それにもかかわらず我々は実際に運動する物体を検出できる。本論文では、この運動物体検出機能の神経メカニズムに対し、自己組織的機能形成の可能性を考慮して計算モデルを提案する。最初に運動物体検出のための新しい評価基準を提案し、その評価基準を用いることによりモデルを構成する。また、数値実験によってモデルの動作が所期のものであることを確認した。ここで提案するモデルは実際の神経系にその存在を仮定しても不自然ではないと考えられる。

When an observer moves, the whole of the projected image on the observer's retina moves. In spite of the fact, we can easily perceive where really moving objects exist. In this paper, we propose a computational model for the detection of really moving objects by considering a self-organizingly acquisition of its function. We first propose a new criterion for the detection of really moving objects in the brain. Then we construct a computational model that detects really moving objects by using the criterion. The proposed model are thought to be biologically plausible in that the structure of the computational mechanism of the proposed model can be acquired through visual experience.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 97(624), 249-256, 1998-03-20

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003232830
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091178
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ