運動物体の位置と速度ベクトルの計算モデル A computational model for the detection of positions and velocity vectors of really moving objects

この論文をさがす

著者

    • 永野 俊 NAGANO Takashi
    • 法政大学工学部経営工学科 Department of Industrial and System Engineering, College of Engineering, Hosei University

抄録

本論文では, 観察者の動きにより網膜全体にイメージフローが存在する特に運動物体によって引き起こされた局所速度ベクトルのみを抽出することのできる計算モデルを提案する. 最初に観察者の動きと運動物体の両方によって引き起こされたイメージフローの特性を明らかにする. 次にその特性を基にして, 運動物本によって引き起こされたイメージフローのみを抽出する計算モデルを提案する. さらに, この計算モデルに基づいたニューラルネットモデルを構成する. このイメージフローを抽出することは運動物体の位置と局所速度ベクトルを同時に検出することに対応する. また, ここで提案するモデルは実際の神経系にその存在を仮定しても不自然ではないと考えられる.

In this paper, a computational model is proposed that can extract only the image flow field caused by really moving objects from widely spread retinal image flows when observer moves. First, the property of the retinal image flow field caused by both the movement of really moving objects and the observer's movement is analyzed. Then a new computational model is constructed based on the property. In addition, a neural net model is constructed based on the computational model. The extraction of image flows of really moving objects corresponds to the detection of positions and local velocity vectors of really moving objects. It may be natural to assume the existence of the proposed model in the actual nervous system.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 95(599), 263-270, 1996-03-19

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003233179
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091178
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ