追跡眼球運動中の背景の動きによる眼球運動 : モデルの改良 Improved model of eye movements elicited by the movement of the background during smooth pursuit

この論文をさがす

著者

抄録

我々はこれまでの研究で追跡眼球運動中の背景の動きによる眼球運動が文脈に依存して変化するという特性を発見し、この特性を説明する一つのモデルを提案した。このモデルは対象物への視線維持のための眼球運動を生成する部分系と広視野の視覚刺激の動きによって起こる眼球運動を生成する部分系を統合して全体系が構成され、後者の部分系のゲインが前者の部分系の出力によって制御されるというものであった。本研究では、最初に広視野の視覚刺激の動きによって起こる眼球運動を生成する部分系を改良し、新たな全体系を構成する。次に、ゲインの制御の方法が異なる二つの改良モデルを構成する。改良モデル1、2はゲインの制御のために共に対象物への視線維持のための眼球運動の系の出力を用い、これに加えて改良モデル1では背景の網膜上の動きの信号を、改良モデル2では背景と視標の相対速度の信号を用いる。動作解析の結果、これらの改良モデルは過去に提案したモデルで再現できなかった特性も再現できることがわかった。

We have observed in our experiments on monkeys and humans, that eye velocity is modulated by a brief movement of a background during smooth pursuit. We have proposed a model to represent the behavioral results. In this model, the total system which generates eye movements is composed of two subsystems. One subsystem generates smooth pursuit eye movements (subsystem-P). The other generates the eye movements elicited by the background motion ( subsystem-B). Moreover, in this model, it is assumed that the gain in subsystem-B is modulated by using the output of subsystem-P. In the present study, we firstly improve subsystem-B to construct a better total system. Then, we propose two different mechanisms for the control of the gain in the subsystem-B and introduce each of them to the new total system. Both the improved models use an output of the subsystem-P to control the gain in subsystem-B. One model uses a signal of retinal image motion of the background in addition to the output of the subsystem-P. The other uses a signal of the relative motion between the background and pursuit target in addition to the output of subsystem-P. Both the proposed models have successfully reproduced the properties of the eye velocity modulations elicited by the background motion during smooth pursuit.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 99(193), 25-32, 1999-07-19

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003233596
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091178
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    4827984
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ