子供の事故予防のための確率モデル構築の試み Probabilistic Modeling for Preventing Children's Accidents

この論文をさがす

著者

抄録

ベイジアンネットなどの確率モデルの統計的学習や確率推論技術を適用して, 子供の事故予防に役立てようというプロジェクトを進めている.とくに事故の発生メカニズムや関係性, 子供の行動などを明示的に理解し, 計算機上でシミュレート可能にするためにベイジアンネットによりモデル化を行う.本稿では事故履歴データや事前知識を収集し, 確率モデルを構築し, モデルを利用する方法の概要について紹介する.

We introduce our research project for preventing children's accidents. Probabilistic modeling is shown that statistical data in a hospital and a day care center are collect, and a Bayesian network is constructed from the data.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 104(759), 73-76, 2005-03-22

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003234167
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091178
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7359174
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ