耐衝撃性光ファイバケーブルの開発  [in Japanese] Development of high impact optical fiber cable  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

電気所構内のトラフ(ピット)に光ファイバケーブルを設置する際、蓋等の落下に対しケーブルを保護する観点から保護管(波付き硬質ポリエチレン管)内に布設するが、トラス内のスペースをとり多条布設を考慮すると問題となる。この為、耐衝撃、側圧特性を考慮し外装に緩衝効果を持つケーブル構造について試作評価した。この結果、保護管入りケーブルに比較し細径で衝撃特性が優れている構造が得られた。

Journal

  • Proceedings of the IEICE General Conference

    Proceedings of the IEICE General Conference 1995年.通信(2), 458, 1995-03-27

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003244569
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10471452
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top