OFDM用ガード区間MMSEアダプティブアレーの収束特性の改善 Improving Convergence Characteristics of MMSE Adaptive Array Utilizing Guard Interval for the OFDM Systems

この論文をさがす

著者

    • 堀 智 HORI Satoshi
    • 小島プレス工業株式会社 小島総合研究所 Kojima R&D Center, Kojima Press Industry Co., Ltd.
    • 稲垣 直樹 INAGAKI Naoki
    • 名古屋工業大学 電気情報工学科 Department of Electrical and Computer Engineering, Nagoya Institute of Technology

抄録

OFDM通信方式は, ガード区間を越える遅延波やドップラーシフトにより急激に通信品質が劣化してしまう.この問題を解決するために, アダプティブアレーを用いて不要波を抑圧する様々なシステムが提案されている.本報告では, 参照信号を必要としないブラインド処理を特徴とする, OFDM用ガード区間MMSEアダプティブアレーにおいて, 収束の高速化について検討する.具体的には, SMI方式でウエートを求めるための, 最適な信号サンプル数について検討し, その上で誤差信号を用いて, 到来波の遅延時間に応じて, サンプル数を自動的に変化させる新しい最適化手法を提案する.提案手法の有効性を明らかにするために, 計算機シミュレーションにより評価した.その結果, 固定および移動受信環境において従来方法に比べて, 収束速度の高速化が図れることが確認できた.

The performance of OFDM systems suffer from serious degradation due to incidence of multipath waves with delay times longer than guard interval and Doppler-shifted waves. To combat this problem, many kinds of adaptive array antenna systems have been proposed which suppress the unwanted waves. This paper considers the possibilities of improving the convergence characteristics of the MMSE adaptive array that utilizes the structure of guard interval of OFDM and thus features a blind processing. First, the optimum number of sample data is investigated to obtain the optimum weights through the SMI algorithm. Then the new algorithm based on SMI is proposed which employs the error signal for weighting the sample data. It automatically varies the substantial number of sample data depending on the delay time of the arriving waves. To clarify the effectiveness of the proposed algorithm, the convergence characteristics are evaluated using the computer simulation. The results show good performance of the proposed algorithm in convergence characteristics.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. A・P, アンテナ・伝播

    電子情報通信学会技術研究報告. A・P, アンテナ・伝播 101(607), 37-44, 2002-01-26

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003249977
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10060764
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6075098
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ