ビタビ検出におけるロザリオ型マージ探索法  [in Japanese] Rosary type search method for marging state on Viterbi detection  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

最近、高密度ディジタル記録においてビタビ検出技術は、PR(Partial Responce)技術と結びついて重要な役割を果たしている。このビタビ検出での問題点は、ACS操作の複雑さと、トレリス線図上の生き残りバスを遡りマージ状態を探索するために多くの処理時間が費やされることである。本稿では、バス形状マトリクスを使用した代数的探索法のバス形状マトリックスをロザリオ型に変更することで、より単純で高速化が可能な探索法を得たので提案する。

Journal

  • Proceedings of the IEICE General Conference

    Proceedings of the IEICE General Conference, 70, 1995

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Cited by:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003262379
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10471452
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Proceedings
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS 
Page Top