講義自動撮影システムの導入に伴う講師・受講生への影響 Effect on Lecturer and Students by Multimedia Lecture Archive System

この論文をさがす

著者

抄録

講義自動撮影システムによって撮影されることが講師及び受講生へ与える影響を調べるために、質問紙調査・インタビュー調査を行い、分析・考察を行った。分析の結果、以下のようなことが明らかとなった。受講生の集中力は、当初撮影されることを意識することによって悪影響を受けていたが、徐々に影響は減少していった。講師は、当初は撮影されることへの責任やストレスを感じていたが、徐々にシステム内での授業に慣れていき、通常授業の教授法で授業を行うことに支障がなくなっていくことが明らかになった。

In this article, we conduct a questionnaire and interview, and we extract the influence that recording lectures under our multimedia archive system give a lecturer and students. According to our analysis, we show the following things. Camera moving which aims at students reduces concentration at first, but camera moving become to have nothing to do with concentration gradually because of the experience of attending the lecture. It is important that lecturer points at material appropriately for understanding of students under this multimedia archive system. Lecturers get used to this system and give a lecture with usual teaching methods under this system, though he is stressed by recording the lecture at first.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎 102(737), 29-32, 2003-03-11

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003270272
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10476092
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6555399
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ