撮影対象の運動履歴に基づく固定ショット切り替え式撮影法 A Filming Method with Fixed Shots Based on Object Trajectory Records

この論文をさがす

著者

抄録

複数の首振りカメラを用いて、ある範囲を自由に動き回る撮影対象を、固定ショットのみで自動的に撮影する方法について提案する。固定ショット切り替え式撮影をすれば、視聴者の映像閲覧に対する心理的負荷を軽減することができる。固定ショット撮影では、人物撮影が開始されてからは一切制御が不可能となるため、事前に、撮影対象の振舞とカメラ制御パラメータとの関係を把握することが重要である。本研究では、撮影対象の運動履歴に注目し、3階層からなる映像評価基準に従って運動履歴を分割していくことで固定ショット撮影ルールを生成する。

We propose a new camera control method that can image a free-moving person within a certain area by using multiple pan-tilt cameras. We compose video images only by camera fixed shots in order to let the video images more comfortable to see. As a camera on filming fixed shots must not move, it is important to obtain a set of imaging rules that can arrange pan/tilt/zoom parameters of the cameras to frame target person before they start filming. We obtain the rule set by segmenting object trajectory that is recoreded in advance.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎 103(209), 1-6, 2003-07-17

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003270306
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10476092
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6677091
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ