プラント設計支援への仮想環境の適用 Virtual Environment For Plant Engineering

この論文をさがす

著者

抄録

プラント制御室の設計者は、機器の配置、画面表示を含めた機器の操作性などを考慮せねばならない。従来の設計方法では、HW機器の設計とSW画面の設計は独立して行なわれていた。VIGOR: <Vi>__-rtual en<vi>__-ronment for <vi>__-sual engineering and <op>__-er__-ationは、仮想環境を用いた、HW機器の設計とSW画面の設計を統合しておこなぅ設計環境である。その特徴は、1)モデルの自動簡略化による高画質/高速描画、2)仮想ユーザによる運転状況の可視化、3)動的プラントシミュレータとの結合による実機と同様の運転状況の実現、4)HW機器の操作知識による自然な操作の実現である。VIGORにより、現場の運転員、顧客、プラント設計者のの間のコミュニケーションを円滑にすることができる。

System designers of operating rooms for industrial plants must take care of three parts; manipulation of HW/SW, arrangement of HW/SW, and display of SW. VIGOR is an integrated virtual environment system that cover these essential parts. The integration is realized by virtual space, an avator, and a dynamic plant simulation of VIGOR. A high-speed and high-quality rendering of virtual space makes users walkthrough and arrange HW/SW components directly. Real time image of an avator's working helps real human operators understand arrangement alternatives easily. Behavioral and structural representations for components realize design for manipulation of HW/SW components. Virtual screens in virtual space can display same contents as real screens, linking with a dynamic plant simulation. VIG0R augments interactiveness between human operators, clients, and system.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎 95(441), 29-35, 1995-12-15

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003270629
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10476092
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ